社員インタビュー

困ったときのブンシジャパン。

社内に蓄積された 豊富なノウハウ。

​2005年入社

営業 係長

吉見  好司

先日、下関市内の大型スーパーが移転リニューアルオープンし、当社もオープンの半年前から陳列コーナーのディスプレイなどお手伝いをさせていただきました。 包装資材だけでなく什器や備品なども納品したのですが、そのうち「江戸橋」という木製の陳列棚は、山口県内ではおそらく初めて使われるものでした。 バイヤーさんが大阪で勉強されてきたそうで当社でも取り扱ったことはなかったのですが、以前よりお伝えしていた【困ったときのブンシジャパン】というフレーズを思い出され相談していただけたようです。

このように、お客さまからの相談内容によっては、取り扱いメーカーを探すことから始めることもあります。 とはいえ実際は、すでに豊富な情報やノウハウが社内に蓄積されていますので、他社ではお断りせざるを得ない要望や相談であっても当社ならば対応できるというケースが少なくありません。 これが当社の強みのひとつであり、多くのお客さまから【困ったときのブンシジャパン】と認知していただけている理由だと思います。

ブンシジャパンは、これまで積み重ねてきた信頼に加え、数年前、お客さまの声をもとに生まれたベルトコンベアのベルト除菌クリーニング装置「アンベル」をはじめとする自社開発製品の需要も伸びているなど会社自体も年々成長しており、それは数字にも表れています。

また、成長という面では社員の評価システムとして「成長シート」を導入したことで、社員が何をすれば会社から評価され、何をすれば成長につながるのかが明確になりました。 この評価システムでは、業務経験や知識が少ない新入社員であっても勤務態度などがしっかり評価されるようになっていますし、評価が昇給や昇進につながるようになっていますので、入社後の成長具合が目に見えるかたちで実感できると思います。 私自身、この評価システムのもと、後輩を育てるとともに自分自身の成長を図り、いっそう会社に貢献していきたいと考えています。

採用情報

募集要項の確認、採用エントリーはこちらをご覧ください。

​あなたとお会いできますことを心からお待ちしています!