社員インタビュー

人間関係が一番。

お取引先には誠意を持って。

​2014年入社

営業主任

植田  敏生

_DSC8236-1_edited.jpg

営業職として多くの仕入先やお客さまと関わっていますので様々なことが起こる毎日ですが、その中で感じるのは誠意を持って行動することの大切さです。 以前、先輩からおごらず謙虚な姿勢で誠実に対応するようにと教わりましたが、その言葉の重みを実感しています。

 

たとえば、納期。 納期を守ることはあたりまえですが、さらに少しでも早く納品できることを意識しています。 お客さまが私たちに依頼をされるのは、何か困っていることがあるからです。全てのお客さまに100%満足していただくのは難しいかもしれませんが、お客さまが困っていることを少しでも早く解消できるよう努力しています。

以前、計量用の秤を納品した際に不用となった秤をどうしたらいいかご相談を受けたことがありました。お困り度合いとしては低かったかもしれませんし、処分方法を説明すれば十分だったのかもしれません。 しかし結局、上司と相談したうえ当社で引き取り、処分したことで、お客さまから大変感謝していただき、その後もいい関係を築けています。

これはほんの小さなエピソードですが、お客さまから感謝の言葉をいただけるのは営業職として本当にやりがいを感じる瞬間であり、このような積み重ねが頼りにしてもらえる存在になるためには欠かせないと思います。 これから先、今まで以上にお客さまから頼りにされ、さらには社内でも頼られる存在になっていきたいと考えています。

最後に、営業職として現場で感じることは第一印象の重要性。 身だしなみやしっかりとした挨拶などです。 これは、お客さまとの間に信頼を積み重ねていく第一歩であり、これは就職活動でも同じだと思います。 みなさんもぜひ第一印象を意識し、そのうえで入社したいという気持ちを前面にアピールしてみてください。

採用情報

募集要項の確認、採用エントリーはこちらをご覧ください。

​あなたとお会いできますことを心からお待ちしています!